昨年末からしばらく会っていなかった松谷さんから久々に連絡をもらったのが9月末のこと。なんと今年の春に膵臓ガンで旦那様が亡くなったとの知らせだった。メールのトラブルで連絡できずにいたけれど、この日何気なく試したところ偶然復活したのだそうだ。

お悔やみに伺った時の話

そんなわけで、私も全く知らないうちに半年も経ってしまったので、新潟から戻るとすぐにお線香をあげにお宅に伺った。ITサロンのメンバーが集まると「松谷さんどうしたかしら?」と気にしていたので、あえてこの場でお知らせしておくことにした。

彼女は、再就職したばかりの仕事と旦那様の看病との板挟みで当初はかなり苦労した様子。少人数の職場では確かにやりくりも難しかったことだろう。結局仕事を辞め看護に専念して、最期の時を一緒に過ごすことになった彼女、どんどん痩せて行く彼を見ているのが辛かったそうだ。おそらく彼女自身も満足に食べられなかったことだろう。でも、夫婦仲の良かった二人のこと、彼女がそばにいてくれるだけで彼もきっと心強かったに違いない。

実は私は彼に会ったことがない。聞けば入院するまでまだ現役で働いていたそうだ(70歳)。仕事だけではなく、好きなことをやって充実した人生を送っていたとのこと。きっと自分の人生に悔いはないことだろう(…と思いたい)。

ベトバルで久々のランチ

そんなことをあれこれ話したのが先々週のこと。今日は一年ぶりくらいに我が家を訪ねてくれたので、ベトナム料理のベトバルでランチすることになった。

牛すじ煮込みのフォー(ベトバル)

この店は留学生と思しきベトナム人の若者たちでいつも賑わっているが、彼らのランチは本国同様フォーが定番。米粉で作ったフォーはビーフンより歯ごたえがあってとっても美味しいが、さらに魅力なのはこの店のセットメニューにある生春巻きだ。ミントの香りと、豚肉ハムのサッパリしたお味がふんわり、しっかり絶妙な巻き加減ですっごく美味しい。クレアさんと食べた2回目の時は「今日のはそうでもないね」と話していたが、今回は本来の?美味しさだったので、日によって多少の違いがあるのかもしれない。この日はデザートのココナッツミルク入りスイーツも前回より美味しかった。もしかしたら作る人が違っていたのかも。

戸山公園箱根山の散策

松谷さんのベトバル初体験はとっても満足してもらえた様子なので、意気揚々とお店を出た私たちが次に向かったのは戸山公園。幸い天気予報どおりの久々の日差しを浴びながら、公園内にある桜の名所でもある箱根山まで散策。ここは23区内では標高が一番高いとされる44.6mの高さ(ただし天然の山ではない)。写真を撮らなかったので箱根山の写真はこちらへ。

春は可愛いお花が満開の花壇も秋はちょっと地味目。でも、ボランティアの方々のおかげで心和むお花を見ることができて幸せ❤️

散策の後は我が家でコーヒーを飲みながら、他愛のない話で夕方まで楽しい時間を過ごした。松谷さん、今度は他の街をブラブラしてみようね!