小松亮太さんを中心に20年前に結成された「東京バンドネオン倶楽部」。8月19日に四谷区民センターで開催された東京バンドネオン倶楽部のコンサートに夫と二人で行ってきた。

コンサートのバンフレット(表紙のみ)

東京バンドネオン倶楽部演奏会20th-パンフ

 

初めて聞いた小松亮太さんのバンドネオン

私は小松亮太さんの母上の小松真知子さんのグループ「タンゴクリスタル」のコンサートには何回も行っているものの、バンドネオン界で有名な亮太さんの演奏を聴くのは恥ずかしながらこれが初めて。いやあ、正直言ってこれほど素晴らしいとは知らなかった。今まで聞かなかったのが悔やまれるほど。もうビックリ❗️

亮太さんの演奏には魂を揺さぶられるほど感動したのだけれど、更に驚かされたのは、全20曲を変化に富んだプログラムで徹底的に楽しませてくれたこと。曲目に合わせて取っ替え引っ替え(笑)メンバーを替え、それぞれの持ち味をしっかり引き出し、聴衆を楽しませてくれる演出が想定外の素晴らしさなのだ。この会場の聴衆に聞かせるだけではなんと勿体無いことか。

全20曲の中には、小松さん自身の作曲による「下弦の月」や、バンドネオンの名手として活躍したフェデリコ氏が小松さんのために作曲した「わが愛しの蛇腹」、ギターの弾き語りで聞かせてくれた「ポル・ウナ・カベサ」など、私にはとても新鮮に感じられる曲が多数散りばめられていたり、ヴァイオリンの近藤久美子さん、ピアノの国府弘子さん、ベースの田中伸司さんを始め、素晴らしい演奏を聞かせてくれたアーチストにも感謝したい。

アンコールに応えて演奏したのはコンチネンタルタンゴでお馴染みの「碧空」。

東京バンドネオン倶楽部演奏会20th-フィナーレ

コンサート終了後も、大勢の人たちが熱心にアンケートに記入したり、CDを買ったり、寄付したり、いつまでも立ち去りがたい余韻に浸っていた。私も小松さんのCDを2枚買って、サインと握手をしてもらい大満足の夕べだった。