高田馬場のバインミー・サンドイッチ

最近お気に入りのお手軽フードといえば、高田馬場にある「バインミー☆サンドイッチ」でテイクアウトするバインミー。最初はひとりで行ってお店の前のベンチで試食し、それがとっても気に入ったので、その後2回ほどテイクアウトしました。下の写真は牛焼肉ですが、定番のレバーペーストもとっても美味しい!それに大きなサイズだけでなく、ミニサイズもあるので、各自のお腹の状態に合わせて購入できるのもありがたいです。バインミー☆サンドイッチのショップ・ブログはこちら

%e3%83%90%e3%82%a4%e3%83%b3%e3%83%9f%e3%83%bc%e3%82%b5%e3%83%b3%e3%83%89%e3%82%a4%e3%83%83%e3%83%81_1

バインミーの種類

レギュラーサイズ7種類( 牛焼肉 / 豚焼肉 / 鶏焼肉 / ベトナムハム&レバーペースト/ 海老アボカド/ベジ&チーズ/ハニーレモングラスチキン/550円)

ミニバインミー各種(330円)。

パクチーやなますなど、お好みのものを追加購入できるシステムあり。

バインミーとは?

バインミーというのはバゲットで作ったベトナムのサンドイッチです。ベトナムでは街のあちこちでバゲットを積み上げた屋台を目にすることができ、その場で手軽に作ってくれるイチオシのファーストフードです。パクチーやみつきの人にはたまらない美味しさ!大根と人参のなますも日本のそれより少し味付けがマイルドな感じでバゲットにもよく合います。フランス植民地時代に生み出された食文化は、コーヒーと共にベトナムらしいアレンジが加えられており、今なお庶民生活に根付いています。

ラオスにもカオ・チー・サイ・クアンがある

ところで、同じフランス植民地時代を経験したラオスにも、カオ・チー・サイ・クアン(バゲットサンド)と呼ばれるものがあります。こちらはピリッと辛いねぎ(日本のものとは少し違う)を使っているのが特徴。味付けはしょうゆなのでこれも日本人には親しみやすいお味。ビエンチャンの屋台でこれを食べたときの記事はこちらにあります。バゲットを炭火であぶって暖めてから、野菜たっぷりの具をはさんでくれるのがうれしいです。もう一度食べた~い!

ラオスのカオ・チー・サイ・クアン