このところ来年のポルトガル旅行の計画で頭の中が一杯。あっ、もちろん今まで通りの活動も続けている。あれやこれやの難問に一緒になって悩んだり、書道、篆刻、それにポールとの日米会話も続行中。でもそれ以外はポルトガル一色(笑)。その件についてはまた改めて書くけれど、何はともあれようやく一段落したので、またブログを再開することにした。


6年振りに再会を果たしたヒロミさん

2010年10月開催のママチャレ6期の受講生だったヒロミさんは、ほっとサロンやIT塾に参加している最中に旦那様の海外駐在に同行。駐在先は2度目となる香港とシンガポールで通算5年ほど。今回は帰国後初めての再会だった。当時の彼女と会っている人は「朗読マダム」というキャッチコピーに聞き覚えがあるかもしれない。

2011年10月に香港駐在となったTさんとは2年位時期がずれているようだけれど、同時期に香港で暮らしていた模様。因みに私が香港を訪れたのが2011年暮れで、その時に書いたアジアの細道の香港旅行記を見ながら、ハーバーグランド九龍のすぐ近くのマンション住まいだったこともわかった。もう少し後で訪れていれば香港島と九龍側と両方のお宅を訪問出来たのにね。「あっ、ここも行った」とか「そうそう、こんな表示があったっけ」とか懐かしい景色を眺めながらも、あちらの塾では生徒の成績を全部張り出すとか、恐ろしい?話もチラホラ飛び出す。

6年ぶりに再会したヒロミさんと

海外赴任というと、周辺国へあちこち旅行できて良いねえと羨ましがられることも多いようだが、これも息抜きには必要なことらしい。たしかに、海外、特にアジア圏には日本からの駐在員が多いから、日本人同士の付き合いには気を使うことが多いのだろう。旅行くらいしか息抜きができないというのも無理からぬ話なのだ。

ベトナムでの共通の訪問先はホイアンで、彼女たちはランタン祭りを見に行ったそうだ。私たちはあいにく時期がずれてしまったけれど、ベトナム料理はやっぱり美味しいね、というのは共通した感想。そうそう、今日のランチはこのブログでもおなじみとなったチャオハノイで二人揃って牛肉のフォーを味わったのだった。

チャオハノイの牛肉のフォーセット

 

何しろ6時間以上も話しっぱなしだったから話題は多岐に渡ったけれど、一応今回の目的は(会う口実とも言う…笑)、Jimdo Freeのホームページを閉鎖(削除)することだった。まあ、何かあっても悪用される情報は入っていないし、放っておこうという結論にはなったものの、後で調べたら削除方法もちゃんと掲載されていることを発見!

12月31日までにメールアドレスをアカウント登録して既存のホームページと接続するようアナウンスされていることだし、これは公開中の人にも関係する話なので、改めてITカテゴリーの方に書いておこうと思う。ヒロミさんもやってみてね。