Kさんとは6年前に私の講座を受講してくれたのがきっかけで知り合い、それ以来のお付き合いだ。

育休から職場復帰して6年

当時の彼女は第一子を出産して育休中の真っ只中。そのまま仕事を続けて行けるかどうか、子育てによる職場での評価がどうなるのか、迷いと不安の中にいたはずだ。が、話していると、彼女の人柄の良さや物事に取り組む真摯な姿勢など、いずれも今の職場で必要とされる人材であることは一目瞭然。たとえ子育てにより何かしらハンデが生じても、長く勤めているうちにいずれ挽回できるだろうと感じさせるものだった。子育てで大変なのは人生の中でも一時的なもの。今の仕事をぜひ続けるようにというのが私の助言だった。

2度目の試練は第2子出産の時

次の試練は第二子出産の時。もう無理なのでは?と不安を抱えつつ、ほっとサロン(私が主催していた在職者中心の茶話会)に参加した彼女に、私も含めて参加メンバー全員から、今の仕事を続けるようにという熱いエールが送られて今日に至っている。

Kさんと久々におしゃべり

働き続けて本当に良かった

Kさんは働き続けてきて本当に良かったと言う。今の経済的基盤はもちろんのこと、将来受け取る年金額にも大きく影響してくるからだ。因みに彼女の夫は自営業者。このご時世で一馬力になってしまえば将来が不安になるのは目に見えている。それでも挫けてしまう人が多い中、気持ちを奮い立たせて頑張ってきた彼女には心の底から大きな拍手を送りたい。

資産運用の話題も

私がこのブログでも書いている株取引のシュミレーションには、彼女も関心を持っていたというので、早速yahooファイナンスの設定方法などを伝授した。このところ金融資産の運用について勉強しておきたいという人たちが他にもたくさんいるのだが、すでに10数年やっている私でも、いざ教えるとなると何から手をつけるべきかわからないというのが本音。ITの知識同様、学ぶべき範囲が広すぎるのもその一因だろう。みんなに役立つ情報を提供できるよう、私自身の頭の中も整理しておかなくては、、、

さて、シビアな話題はこのくらいにして、次は旅の話。

旅の話題あれこれ

Kさんはいろいろな国を一人旅した経験者なので、会うたびに旅行の話題で盛り上がる。

お土産の「青柚の香」スペインでは本場のパエリアが期待したほどは美味しくなかったという点で意見が一致したり、私たちがマドリッドに到着した日のLGBTの世界大会のことから、ごくごく身近なところでも直面しているLGBTの話題まで、旅の話は多岐にわたる。投資家としての旅のメリットも私の実感するところだ。

気に入った旅先は?

ヨーロッパのような成熟期にある国々より、まだまだ発展の余地を残し、エネルギーに満ちた東南アジアの国々の方が旅先としてはおもしろいというのが二人の一致した感想。

そういえば、ベトナムではフエが気に入ったという話も前にメールでやりとりした覚えがある。ベトナムといえば、LCCのベトジェットエアがJALと提携することになったという最近のニュースも興味深い。今年か来年には共同運行便を飛ばすことになるらしいので、ベトナム旅行はますます身近な旅先になりそうだ。因みにこの会社の社長はなかなかやり手の女性らしい(「アジアで影響力のある女性企業家」参照)

LCCをうまく使うと格安に旅行できるのはありがたいが、私が セブパシフィック航空で経験したようなことはしないで済むよう事前の厳重チェックを助言した。と言っても、賢明な彼女には余計なお世話だったに違いないが(笑)。

着眼点が鋭い息子くん

自宅に帰ったKさんに、セブパシフィックの一件を聞いた小1の息子くん。「着陸2回失敗でリターンするルール」に食いついたという話はなかなか頼もしい。こういうことに問題意識を持てる子供って将来が楽しみだね。〉Kさん !

話は他にもいっぱいあったけれど、報告はここまで。

 

チャオハノイでランチ

今日の待ち合わせ場所はベトナム料理が好きなKさんのリクエストでチャオハノイへ。Kさんは、子連れだとなかなか食べられないトムヤムラーメンセットとビール。私はフォーボー(牛肉のフォー)セット。Kさん、お土産の「青柚の香」ごちそうさま。とっても美味しかった!

チャオハノイのトムヤムラーメンセット

チャオハノイのフォーボーセット