講師業をやっていた現役時代は、屋久島などほんのわずかなプライベート旅行を除けば、大半は地方出張に便乗した「ついで旅行」ばかりしていた私。行き先は北海道から沖縄まで全国津々浦々。しかも仕事先近くに住んでいる友人との親交を温める機会も何回かあり、旅好きの私にはピッタリの仕事だったと思う。

そんな出張も含めて4回ほどは訪ねた記憶があるのが新潟で、引退後初めての国内旅行がここ新潟県村上市となる。サケや〆張鶴(日本酒)で有名なところだ。

本当は友人一家の稲刈りを見学するつもりでいたのだけれど、毎日あれこれ忙しくしているうちにこんな時期になってしまったので、稲刈り見学は見れたら見る程度にして、まずは友人とその家族との再会を目的に訪れることにした。

つい今しがた新幹線から在来線に乗り継ぎ、村上に向かって出発したばかりの車中でこのブログを書いているが、午後休を取って迎えに来てくれるという友人とはこの先の村上駅で合流し、真っ直ぐ瀬波温泉の宿に向かう予定。

このお宿は日本海に沈む美しい夕陽が自慢だそうで、露天風呂付きのお部屋に村上牛の豪華な夕食付きだそう。積もる話もたくさんあることだし、きっと部屋から一歩も出ないでしゃべりっぱなしになるんだろうなあ。(笑)。

 

温泉三昧と武家屋敷の見学-新潟の友人を訪ねて-2へ続く