セビーリャ3日目に見つけたお気に入りカフェ

午前中、夫とポールはホテルの目の前にあるセビーリャ美術館へ。プラド美術館を小規模にしたような感じで、展示されている作品は思ったより多かったとのこと。疲れて途中で帰って来てしまったので、展示されているというベラスケスは見なかったそうだ。

部屋でゆっくりしたいという夫を残して3人でランチに出かけることにした。あちこち物色して回った末、ようやく入ったお店はここ La Molona。セビーリャのカフェ-La Molona8.5€のセットメニューがあり、2つの料理+1ドリンク付と格安。しかも大変美味しかったので、夕食には夫も連れてまたこのお店に行くことを決めたほど。

セビーリャのカフェ-La Molonaにて

私が選んだのはツナのグリルと野菜サラダ。娘とポールもそれぞれ好みのものを注文。
サラダはオリーブオイルとバルサミコで自分の好みの味に仕上げて食べるが、さりげなく美味しい。それにしても、こちらのサラダのボリュームは半端ではない。写真では大きさがわからないが、これだけでお腹がいっぱいになってしまったほど。そうそう、左上のバケツ型の器にはクラッカーと少々のパンが添えられている。

セビーリャのカフェ-La Molonaのサラダ

セビーリャのカフェ-La Molona-ツナのグリル

 

フラメンコ@セビーリャ

一旦部屋に戻り、みんなでフラメンコ鑑賞について検討することにした。
フラメンコ博物館では1日4ステージ開演されているとのことで予約は必須。17時開始のステージをホテルのスタッフに予約してもらうことに。博物館入場券とのセットではなく、フラメンコ鑑賞のみのチケットで料金は@20€だった。

フラメンコ博物館はホテルから歩いても15分程度と近い。15分くらい前に入場したが、すでに満席に近い狀態だったことからすると、思っていた以上に人気があるらしい。開演後は写真とビデオの撮影禁止なので、始まる前の会場の様子しか写真を撮れなかった。残念!フラメンコ博物館のステージ-IMG_9540

観客とダンサーたちが一体になって盛り上がるショーは迫力があり、会場の室温も一気に上がるほどだったが、私は不謹慎にも居眠りしてしまった。あのリズムが脳内の快感中枢とシンクロしたような感じ?単に疲れていただけかもしれないけどね(笑)。あぁ、でも気持ち良かった。

それにしても、あの頭上に吊り下げられたたくさんの椅子たちはどういうこと?

ショーが終わった後も市内散策が楽しめるなんて素敵!

セビーリャ-IMG_9426

ショーは6時に終了。日没までにはまだ3時間半もあるので、ウィンドーショッピングがてらゆっくり散策。La Molonaで夕飯に立ち寄って早めにホテルに戻ることにした。明日はいよいよグラナダへ。

セビーリャの街角-IMG_9770セビーリャの街角で-IMG_9435
セビーリャ-MG_9437