日常生活で不便に感じることは取り敢えずネットで検索してみるって必要。その好例を紹介してみたい。

お掃除が面倒だった排水口のプラスチック製ゴミ受け皿

お風呂の排水口に元々ついていたプラスチック製のゴミ受け皿。このお掃除って結構大変。髪の毛は絡まるし、汚れもつくし。

で、私はこれを少しでも楽にしようと思ってネットを被せていたのだけれど、これは髪の毛を取り除く効果しかない。プラスチック部分のお掃除に歯ブラシなどを使ってゴシゴシやるのは前と変わらず。それでもなかなか汚れが落ちない。洗剤などを使わず、もっと簡単に綺麗にできないものかと思っていた。

排水口のゴミ受け皿をプラスチック製からステンレス製へ

そんな時にふと気付いたのが、これをキッチンのシンクに使われているステンレス製のものにしたら楽なんじゃないかということ。試しにamazonで検索してみると、あーら、やっぱりあるんじゃない!

見つけたのは「ユニットバス用 パンチング ゴミ受け 」という全てステンレス製の商品。因みにパンチングというのは網目ではなく穴開け加工をしたもののこと。小さいゴミをキャッチするだけでなく、網目状と違ってゴミが引っ掛かりにくいので捨てやすい。更に側面と底面に継目がないので、お掃除も簡単との謳い文句にグッと惹きつけられた私。カスタマーレビューも上々だったので早速発注してみた。

配送されたものを従来のものと取り替えてみたところ、サイズもピッタリ。入浴後の様子を見たところ、髪の毛は真ん中にしっかりまとまっていて、さっとひとつまみで捨てられる。これなら他のプラスチック部分の汚れも多少は付きにくくなるかも?とついつい今後に期待してしまう。

さて、半年後、1年後の使用感は?