3/15発売のビッグイシュー『てくてく。歩き旅』に関本紀美子さん登場!

ビッグイシューという雑誌を片手に持ち、街角に立って販売している人たちのことをご存知の人も多いと思う。でも知ってはいても実際に買ったという人は案外少ないのではないだろうか。

きっかけがないとちょっと買いにくかったビッグイシュー

本屋と違って立ち読みしてからというのも気がひけるし、そもそも販売場所が人通りの多いところなので、ついつい気後れして横目で見ながら通り過ぎてしまう人も多いような気がする。

かく言う私もそんなひとりで、今まで買わなかった一番の理由はどんな記事が掲載されているかわからないことだった。ビッグイシューの考え方には共感しつつも、どんな内容かを知ってから買いたいというのは誰しも共通した思いなのではなかろうか。

ビッグイシュー日本とは?

ビッグイシューは市民が市民自身で仕事、「働く場」をつくる試みです。2003年9月、質の高い雑誌をつくりホームレスの人の独占販売事業とすることで、ホームレス問題の解決に挑戦しました。ホームレスの人の救済(チャリティ)ではなく、仕事を提供し自立を応援する事業です。ビッグイシューの原型は1991年にロンドンで生まれました。

 

(ビッグイシュー日本のwebサイトより引用)

3月15日号のビッグイシューに関本さんが登場

ビッグイシュー3月15日号の表紙(2018年)

そんな人に朗報となりそうなのが、ビッグイシュー『てくてく。歩き旅』の3月15日号だ。

今回はITサロンメンバーの関本さんの記事が掲載されているので、安心して買うことができる。

私も今日、書道教室の帰りに高田馬場駅前の販売場所に寄って早速買おうと思っていたが、あいにくの雨のせいか今日は出店していなかった。まずは私が内容を見てからここで紹介しようと思っていたのに残念!

明日はお天気も良さそうなので、早稲田駅前の販売場所に行って買ってくるつもり。

販売している場所や時間は上記のサイト内にあるビッグイシューの販売場所に掲載されているので、興味のある人はぜひ買ってみてね。

関本さんのブログにもビッグイシューについて書いている記事が掲載されているのでご参考まで。

コメント

  1. cleaarchlabs より:

    関本さんが載っているのですね!
    私も、気になりながら通り過ぎていた一人です(笑)ので、この機会に購入してみたいです。
    よく行く都庁前の路上で、以前は毎日販売していましたが、最近ちょっと見かけません。
    サイトに販売場所もしっかり出ていましたので、チェックしてみます。

    • momomomo より:

      cleaさんもお仲間でしたか(笑)。今日、早稲田に行ってみたらお休みだったので高田馬場まで行って買ってきました。ここの販売員さんは土曜日だけ3時半までで、普通は毎日5時半まで立っているそうです。もちろん雨の日は除いてですが。笑顔の素敵なとっても感じの良い人だったので、次回もこちらで買おうと思いました。もちろん彼にも関本さんのページを見せてあげましたよ。

  2. 藤本佳子 より:

    おお!ビッグイッシューに関本さんの記事が!
    私は以前からビッグイッシューのファンで、三鷹や武蔵境の販売者さんから買っていました。
    最近買っていなかったのですが、早速買いに行きます。海外のアーティストの記事など読み応えのある情報が得られるので気に入っています。

    • momomomo より:

      よしさん、ビッグイシューのファンでしたか。私は今まで気にしながら買ったことがなかったので、今回は良いチャンスです。海外アーティストの記事なども掲載されているんですね。私もこれを機に継続読者になろうと思います。