3つ目の宿は旧市街の南にあるノーンナンタハウスーチェンマイ滞在記(Twitterより)-No.3

いよいよチェンマイでの最後のお宿となるゲストハウス「ノーンナンタハウス」へ。もちろんこちらもGrabでの移動。ノーンナンタは旧市街のお堀の南側にあり、チェンマイ門付近の屋台街にも近いので食事に出るのも大変便利。マッサージ店も近くにたくさんある。

マウンテンビューの部屋

マウンテンビューの部屋は一つだけかと思っていたところ実は隣にもう一部屋あり、展望スペースは共有とのこと。部屋替えを申し出たところフルブッキングとのことで断られたが、この部屋の住人は寝るとき以外は部屋におらず、私たちの溜まり場にできたのはラッキーだった。学校の宿題持参のチカちゃんもここで宿題を済ませることができた。

超お買い得だったL.L.Beanのダウンジャケット

ランチ後はビッグCへ買い物に。ここの店舗は思ったほど大きくない。この日はお土産や食品を買い物しただけだったが、翌日もう一度立ち寄った際にポールがL.L.Beanのダウンジャケットを発見!試着してみたところ、私にピッタリの色(茶)とサイズで破格の650バーツ(約2,300円)。多分普通に買う値段の10分の1程度では?ということで早速お買い上げ〜。寒い日本で重宝すること間違いなし。

ハリネズミカフェは外から眺めただけ。

帰りに寄り道したカフェはゲストハウスに併設されたBloomというお店。席が少し高い位置にあるので通りをボウっと眺めているのに最適な作りになっている。帰国日もマッサージの後はここでゆっくり。

ノーンナンタにチェックインした翌日は各自で自由行動と決めていたのに、結局全員がArt in Paradiseへ行くことがわかって一同大笑い。少し早めに出た私たち家族4人は途中のローカル食堂で腹ごしらえ。食べきれないほどの分量でも一律45バーツ(150円位)とは!指差し注文も簡単便利。

ミドリさん母娘は帰り道に日本食レストランに立ち寄りラーメンなどで遅いランチを済ませたとのこと。その後は初トゥクトゥク体験で料金交渉もやってみたらしい。タイの生活にもすっかり馴染んで、なんか旅慣れてきた感あるよねー。

Art in Paradiseではアプリのインストールを忘れずに

Art in ParadiseではAR(拡張現実)を体験するためのアプリを入れるのにかなり時間がかかったけれど、途中でやめなくて良かった。他の入場者を見ているとアプリを使わず記念撮影に没頭している人多数!それじゃあ400バーツも払った意味がないよー。

Art in Paradiseのおもしろ動画は次ページへ。

Art in Paradiseのおもしろ写真と動画集ーチェンマイ滞在記(Twitterより)-No.4
Art in Paradiseは不思議&おもしろ体験満載。入口付近にある案内に従って専用アプリをインストールすると…絵画や景色の中に自分がいるかのような一体感のある写真や動画を撮影できる。こちらはTwitterに投稿した3D写真やAR(拡張現実)動画に未掲載分も追加して編集し直したもの。

 

コメント