チェンマイで2ベッドルーム1か月11,000バーツのマンションを予約

なんとチェンマイに到着した翌日に、もう滞在先のマンションを見つけてしまった!(下の写真がそのマンション)

次回の滞在先マンション

滞在中、毎日出かけてあれこれ探す気満々でいたのに…ラッキーなのかそうではないのか…いや、これはラッキーに決まってるんだけれど、こうも簡単に決まってしまうと、ちょっと拍子抜け(笑)。

11月〜3月のオンシーズンに2ベッドルームの予約は困難らしい

まあ、それでも当初は今回の宿泊先である「日本人御用達のグランド・ウィパナン・レジデンス」にも様子を聞いてみたり、他にも3軒ほど当たってみたが、やはりオンシーズンの11月〜3月に1か月のみ滞在で、しかも2ベッドルームとなるとかなり難しそうだった。

もともとこのタイプは供給数が少ない上、オンシーズンには3か月単位で借りる人も多いので、そちらを優先したいということらしい。まあ大家さんとしては少しでも稼働率を上げたいだろうから、長期滞在者を優先したくなるのは当然のこと。交渉したほとんどの所で、スタディオルームか1ベッドルームならOKですよ、とのことだった(ただし満室も1軒あり)。

そうはいっても1ベッドルーム×2室となると1か月で軽く10万円を超えてしまう。これでは予算オーバー間違いなしということで、もう少し安いところを探そうということに。チェンマイの賃貸料がここ数年で大幅アップしていることは先刻承知のこと。とはいえ、きっとどこかに掘り出し物の物件があるはず、ということで…

ここはノマドワーカー御用達のマンション?

そこでふらっと入ってみたのが上記のマンションだった。造作は質素だが部屋の広さもまあまあだし、賃貸料を聞くと2ベッドルームが11,000バーツ(約38,000円)とのこと。

娘が仕事用に使うデスクは事前に用意してくれると言うし、wifiは各階にルーターを設置していて快速とのこと。まあ当面は1か月のお試し期間ということもあって、全員一致でここに決定した次第。

マネージャーのタイ人女性が「ここの入居者は仕事をしている人ばかりで、学生がいないから静かですよ」と話してくれた。つまり、ノマドワーカーばかりということか?

予約はとっても簡単だった

このマネージャーは英語が話せるだけでなく、私たちのニーズを的確に把握してくれて提案力も抜群だ。娘とはLINEでやり取りできるようにして、予約金も格安でOKと至れり尽くせり。まさに掘り出し物!

因みに私たち老夫婦は毎日が日曜日だが(笑)、娘夫婦はここで仕事することになっている。年末年始の仕事休みの間だけは、みんなで近隣への小旅行に出かけようと考えているところなので、賃貸料の安い部屋をキープしておけるのはとてもありがたい。これで次回も安心してチェンマイに来ることができそうだ。

これで終わりではちょっと物足りない、と言われそう?なので、何か面白そうなネタを見つけたらまた書くつもり。

上の記事は前日夜に書いたのですが、書き終わったと同時に新潟で震度6強の大地震があったことを知りました。村上に住んでいるはつみちゃん、大丈夫でしょうか?怪我などしていないか心配しています。

【追記】その後被害はなかった旨連絡がありました!

コメント

  1. 藤本佳子 より:

    もう部屋が見つかったんですね。
    りっぱなホテル?ですね。
    仕事もできるし素晴らしい
    ゆっくりしてきてくださいね〜
    わたしは山口の実家で過ごしています。
    母と弟も何とか元気にしています

    • momo より:

      よしさん、今は山口ですか。国内とはいえ、毎回往復するのもなかなか大変ですよね。私の方はもう20年以上も過去のことになってしまったので、よしさんのお母さんの健康長寿には驚くばかり。山口の美しい景色でたっぷり癒されてくださいね。
      予約したマンション(というよりアパートかな?)は質素なものですが、私たちは贅沢しに来るわけではないので、こんな感じで十分かと。セキュリティも厳重だったし。
      まずはお試し体験してみるので、次回はよしさんもぜひ!