チェンマイでお手頃価格のアパート・マンションを探す方法(家族4人で1か月滞在)

タイから帰国して数日が経過。ボウッとしていると忘れてしまいそうなので、部屋探しの方法について書いておくことにした。私たち同様チェンマイで1か月程度の短期滞在を考えている人たちにも参考になることを願いつつ。

チェンマイでお手頃なアパート・マンションを探すなら直接訪問した方が手っ取り早い

渡航前に調べたところ、チェンマイでの住まい探しは不動産屋を通さず直接交渉するのが定番とのこと。もちろん不動産屋もあるけれど、現地の不動産業者のwebサイトで調べた限りでは、外国人向けの物件はプールやジム付きの高級賃貸が多い印象だった。

私たちの場合は避寒が目的で、年末年始には小旅行も計画しているので、設備がそこそこ整っている(高級賃貸ではない)マンションを探しました。

住みたいエリアが決まっているなら、やはり外観である程度目星をつけられる直接交渉の方が手っ取り早いというのが私の実感だ。

私たちの住まい探しの実際はこちらの記事へ。

チェンマイで2ベッドルーム1か月11,000バーツのマンションを予約
なんとチェンマイに到着した翌日に、もう滞在先のマンションを見つけてしまった!(下の写真がそのマンション)…滞在中、毎日出かけてあれこれ探す気満々でいたのに…ラッキーなのかそうではないのか…いや、これはラッキーに決まってるんだけれど、こうも簡単に決まってしまうと、ちょっと拍子抜け(笑)…

住みたいエリアの絞り込みと部屋の条件

チェンマイを訪れたのは今回で4回目となったので、過去の経験をもとに住みたい場所をサンティタムエリアに絞り込むことができたが、やはり何回か訪問を重ねないと好みの場所を絞り込むのは難しいのではないかと思う。

私たちの物件選びの条件は以下のとおり。

1. 市場やお手頃価格のレストラン、スーパーなど、食べ物の調達が容易であること。

2. 徒歩で気軽に外出でき、必要に応じて地元の交通機関も利用しやすいこと。

3. 部屋にキッチンが付いていること。

4. wifiがストレスなく使えること

5. バスタブ付きならとってもありがたいがなくてもOK(タイではバスタブなしが標準)。ただしシャワールームとトイレは2つあること。

6. 近くに雰囲気や居心地の良いカフェがあること。

7. 表通りに面していない静かな環境で、夜間に野犬の群れが出没しない場所。

アパート・マンションの探し方から予約までの流れ

私たちが実際に滞在するのは半年後なので以下のとおり予約という形になったが、正式な契約でもほぼ同じはず。

1. 希望のエリア内で買い物の利便性など好みの立地条件に合う物件を見つけたら、管理人室や受付などに行く。(外壁にRoom for Rentなどの看板が出ている物件もある)

2. 希望する部屋のタイプ、料金、滞在期間などの要望を伝えて該当する部屋があるかどうか聞いてみる。

3. 該当する物件があるようなら部屋を見せてもらう。

4. 気に入ったらデポジット1か月分+前家賃1~2か月分を支払う。(デポジットは退去時にほぼ全額返還される見込み)

5. 連絡先の交換(私たちの場合はLINEを利用)

【注:1】外国人の滞在者が急増するオンシーズンの11月-3月は、1か月の短期滞在で条件の良い住居を見つけるのはなかなか大変。例えばThe Odyssey Serviced Apartmentsはすでに満室とのこと。

【注:2】4については、私たちの場合は各1000バーツのみの予約金でOKだったが、これはオーナーの考え方次第らしい。

まずはお試し滞在からスタート

今回は1か月のお試し滞在ということで決めたが、滞在中の小旅行でチェンマイ周辺の街も見てこようと思っている。避寒暮らしに適した場所で上記の条件さえ満たすところであれば、チェンマイにこだわる必要もないからだ。

私たちが選んだマンションは、オーナー、マネージャー共にタイ人の方。マネージャーは英語を話すだけでなく、タイ語の会話教室も開催されているそうです。そんなことも関係しているためか会話がとってもスムースで助かります。ここにはチェンマイで働いている日本人女性も住んでいるとのことで、会うのが楽しみです。

コメント