リュック内に一眼レフカメラとiPadを安心収納できる場所をプチ工作

年末のチェンマイ旅行に持って行くリュックはPORTER PLAN で決まったが、その後テスト使用しているうちにちょっとしたアイデアを思いついた。リュックを機内持ち込みする際、一眼レフカメラとiPadもこの中に安全に収納しておける方法だ。

カメラの収納場所に最適な100均のファイルスタンド

まずは100均へ行って手頃な大きさのファイルスタンドを探してみた。A4用のスタンドをリュックの底に当てて大きさがちょうど良いことを確認。これをカッターで切り取ってカメラの出っ張り部分を逃す小窓を作ったところ、ピッタリ収まった!

かなり大雑把なプチ工作だが、どうせ外から見えるわけじゃないので気にしない。それでもカメラのために、一応切り口はヤスリで滑らかにしてある。見た感じではギザギザしているようだけれど、実際に指先で触ってみるとツルツル滑らか。

このスタンドに、サービス品でもらった薄手で超軽量のひざ掛けをクッション代わりに入れ、カメラを収納してみると…レンズカバーが少しだけ大きいものの、スタンドの素材が柔らかいプラスチックなのでわずかに膨らむ程度。むしろピタッと固定されて好都合なくらい。

iPadの収納場所も解決!

このリュックにはiPadを入れておける仕切りがないが、スタンドが仕切りの役目を果たしてくれるので、そこにピタリと収まった。

写真右側にあるサイドファスナーを開閉するだけでiPadの出し入れも楽々できる上、プラスチックのお陰で滑りも良く、仕切り付きよりむしろ使いやすいほど。

この上の空間には、機内で羽織る上着や出国時に着ていたライトダウンジャケットなどがしまえるので、私のニーズにはまさにドンピシャ。

それにこのスタンドはとても軽いので、カメラを持たない時にも入れたままにしておくと何かと好都合なのだ。A4ファイルも折り曲がらず立てておけるし、中身が空っぽ状態でも型崩れしないので、帰りに荷物が増えそうな時でも気軽に持ち出せる。

スマホの出し入れに便利なサイドポケット

旅先で使うスマホは、最近ニュースを賑わせているHUAWEIのP20。いろいろ懸念はあるものの、私としてはやはり機能重視でこれを使い続けるつもり。ただ、このスマホは5.8インチとかなり大きく、ジーンズのポケットからはみ出してしまうので、いつものポケットイン・スタイルは諦めるしかない。

そこで出歩く時にはリュックのサイドポケットに入れておこうと考え、実際にリュックを背負ったまま出し入れを試してみた。

ポケット部分が少し柔らかいせいか、片手だけでファスナーを開けるようとするとちょっと引っかかる感じがあるが、それでも何とか可能なので、このポケットを定位置にすることにした。

因みにこのポケットには蛇腹式の中仕切りがあるので、通常はこの内側にペットボトルなどを収納する人が多いと思う。

セイフティポケットがとっても便利

出入国の際はパスポートやeチケットなどを何回も出し入れするので、ここで良いのかどうか決めかねているが、とりあえず背中に当たる場所にあるセイフティポケットに入れておこうと思っている。

これで機内持ち込み荷物に関しては準備万端かな?

旅行用リュックは吉田カバンのPORTER PLANにバトンタッチ
年末の旅行用に、機内持ち込みにも適した新しいリュックを買うことにした。収納量がそこそこあってもチビの私に大き過ぎず(笑)、物の出し入れがしやすく、セキュリティ対策もキチンとしてあって、丈夫で長持ち、などの私の望みを叶えてくれるのは吉田カバンのPorter Planだった…

 

コメント

  1. 藤本佳子 より:

    100均のスタンドを使用したカメラ収納アィディア素晴らしい。
    アイパッド、スマホ大事なものがいっぱいのバッグは肌身離さずに、気をつけてチェンマイの旅楽しんでくださいね。

    • momo より:

      よしさん、プチ工作にお褒めの言葉をありがとう。今回の旅行で一眼レフを持って行くのは最後になりそうで、それを確認するために持って行くようなものです。やっぱり重いカメラは旅行には不向きですもんね。
      現地では小さなショルダーだけで行動するつもりだけど盗難には気をつけますね。この時期のチェンマイは旅行者と避寒者で混雑していると思うので。