複数口座の入出金確認が自宅でできるアプリ(MoneyTree)

ドコモ口座の不正利用の件がきっかけとなり、身近な人たちの中でも口座管理についての関心が高まっているようだ。昨日出かけた美容室でも通帳発行の有料化のことや記帳をどうするかなどのことが話題になった。私自身はもう何年も前に金融機関の通帳はすべて廃止してしまったと話したところ、通帳と違ってweb上で管理するのは面倒そうだと言う。とはいえ、そういうご本人が3つの通帳を持っていても記帳はたまにしかしていないらしい。入出金管理のためだけにわざわざATMに出かける気にならないということだろう。この人だけでなくお金の出し入れの時についでに記帳しているという人は他にもたくさんいるだろうから、ハッカーからすれば日本は金融資産を狙った犯罪には最適な場所ということになってしまう。しかし口座の入出金を頻繁に確認できるようにしておけば怪しい操作もすぐに発見でき、結果的に被害も抑えることになるだろう。

資産管理には口座管理アプリのマネーツリーがとっても便利

口座管理アプリのMoneytree(アイコン)私の口座管理方法は一社ごとにwebサイトで管理する方法ではなく、すべての口座を一括管理できるiPadアプリのマネーツリー(MoneyTree)を使っている。もちろん送金が必要な時には該当口座にログインして行わなければならないが、それ以外の残高確認や入出金の明細確認などはこのアプリで手軽に見ることができる。

銀行以外も登録してまとめてチェック

このアプリのメリットは何といっても家に居ながらにして口座を閲覧できること。わざわざATMに並ばなくて済むだけでなく、web上で銀行ごとにひとつひとつ確認する必要もない。このアプリを立ち上げ、パスワード入力または登録済みの指紋でタッチすれば、アプリに登録しておいた銀行クレジットカード電子マネー証券保険ポイントカードなどの入出金明細を一括して見ることができるし、資産全体の増減額を一瞥できるメリットがある。下の写真はアプリのログイン画面。パスコード入力のままにするか、指紋認証を使うかはアプリ内で設定する。

iPhone,iPad,Androidスマホ,PC,いずれからもアクセス可

マネーツリーはiOS版、Android版、PC版といずれの方法でも使えるため、どれか一つのアプリで各口座の情報を登録しておけば他のデバイスからも簡単にアクセスできる。昨日思い立ってAndroidスマホ用にもインストールしてみたところ、こちらもとてもシンプルで見やすい。iPadアプリの方はグラフ表示もされるので視覚的にパッと見やすいが、日々の明細確認だけならスマホ版で特に不便はないと思う。セキュリティの面でもかなり信頼性が高い上、もし最悪ハッキングされるようなことがあったとしても入出金などの資金移動はできないので、その点は安心できる。

アプリ設定する際の壁

私の場合はすでにずいぶん前からアカウントを持っているので、アプリをインストールしたらスマホでもすぐに使えたが、初めて使う場合は登録したい口座情報を設定しなければならないのでそれなりに時間がかかると思う。

設定用のメールアドレスからパスワード、各口座のアカウント名や口座番号、各パスワードなど、日ごろからそのあたりの情報をきちんと管理できていない人には敷居が高いかもしれない。とはいえ、今まで通帳を発行していた日本の銀行が世界標準に合わせてweb通帳に移行したり、窓口対応をしなくなるのは至極当然な流れなので、できるだけ早くこの事態に適応しておいた方が良いと思う。日本人のデジタルデバイド化を少しでも減らす努力をしないとこの先本当に心配だ。

詳細はMoneyTreeのwebサイトへ。

また2年前ではあるが下記の記事も参考になると思う。

通帳もATMも消えていく…?5年後の銀行の姿はこうなっている

momoからひとこと-アイコン

【MFクラウドとマネーツリーの使い分け】

私は確定申告にはMFクラウド(有料版)を使っているので入出金明細の全記録はそちらで自動取り込みするようにしています。

ただ普段の入出金確認には簡単にアクセスできて一覧表示が見やすいこのマネーツリーの方が便利。無料版でも十分役立っているのでありがたいです。

 

シェアする

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


コメントする