写真編集にはiPhone/iPadの標準写真アプリが簡単便利

近頃は一眼レフで写真を撮ることがほとんどなくなってしまった。旅先に持って行くには重いし、嵩張るし、スマホの携帯性や利便性の良さにはとても敵わないからだ。それに近頃のスマホはとてつもなく画質や機能が向上しているため、普段使いでも旅先でも不満に思うことがほとんどなくなっている。まっ、素人カメラマンだしね(笑)。

写真はどの編集アプリを使うかが大事

そんなわけで、今やどんなカメラで撮影するかより、どんなアプリで編集するかの方が大事だと思うようになった。

とはいえ、面倒なのはイヤ。そこそこの編集機能をひとつのアプリで完結させたい。そんなわがままユーザーの私でも便利になったなあと感じさせてくれるのがiPhone/iPadに標準で入っている写真アプリだ。

iPhone/iPad(iOS13)の標準写真アプリ

iPad、iPhoneの写真アプリ(アイコン)この何年かはiPadに標準で入っている写真アプリを使うことが多くなっていたが、機能面ではまだ不十分な点もいろいろあった。ところが昨年のiOS13へのアップデート以降この写真アプリが大変使いやすくなり、パソコンソフトを必要とする場面がほとんどなくなった。

というのも使える機能が増えただけでなく、せっかちな私でもストレスを感じることなくサクサク編集できるほどに操作性が向上しているからだ。

もっとも私はiPadを使っているので、iPhoneユーザーの使用感まではわからないが、小さい画面に慣れている人なら同じように使えるのではないだろうか。何はともあれiPhone/iPadユーザーならぜひ試してみてほしいアプリであることだけは確か。

実際に写真アプリで編集してみると…

たとえばこんな風に縦撮りした写真を…

猫の現画像

横型に切り取ったり、色味や明るさなどを調整するとこんな感じに…

iPad写真アプリで編集した猫

こんなふうにモノクロにすることもできる。

猫のモノクロ写真

機能を全て説明すると長くなるので、他のwebサイトを検索してもらうとして…(笑)  

本家Appleの説明はこちら……

iPadアプリは説明を読まなくても直感的に操作できるのがウリなので、実際にあれこれいじって自分好みの写真に仕上がるかどうかぜひ試してみてほしい。説明を読むとかえって難しく感じてしまう気がするので。

Androidスマホで撮影してiPadで編集するには?

私の場合はAndroidスマホで撮影しているので、ちょっと余計な一手間が必要になるが、iPhoneユーザーならそのまま編集するか、iPadで編集するにしても共通アプリで作業できるので下記は不要。うらやましい。

で、私の場合はどうしているかと言えば、

1. スマホで撮影した写真はGoogleフォトに自動保存されるよう設定済み。

2. iPadにもGoogleフォトをインストールしてあるので、写真はこちらにも同期される。

3. 上記2から使いたい写真を選択して、「デバイスに保存」してからiPadの写真アプリで編集作業。

という流れになる。

うーん、iPhoneユーザーは楽で良いなあ。

Googleフォトでももちろん同じように編集することができますよ。ただ私の場合はiPadの写真アプリの方がいくつか「機能が多い」ことや「操作性が良い」などの理由で主としてこちらを使っています。

スマホですべて完結させたい人は、AndroidならGoogleフォト、iPhoneなら写真アプリがお勧めです。

 

 

シェアする

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


コメントする