バリ最終日は空港にも行きやすいサヌールで過ごすことにしていたので、またまたヨカさんに10時半の迎えを頼んだ。彼はLINEも使っているので連絡しやすくてとっても助かる。因みにヨーロッパ人の場合はWhatsAppを使うことが多いそうだ。これで3度目となる彼の車でサヌールのプラサンティ・サヌールへ。

プラサンティ・サヌール

今夜のお宿はサヌールの目抜き通りダナウタンブリンガンの中央付近にあるが、通りからはちょっと引っ込んでいるため見つけにくい。Google mapで確認してみると車を停めたスーパーの目と鼻の先に看板が見つかった。雨の中、大急ぎで荷物を運ぶ。

プラサンティの管理人であるプトゥさんはあいにく留守だそうで、彼女の息子さんが客室の清掃中だった。チェックインの時間にはまだ早い12時頃だったが、しばらく待つうちに清掃が終わった部屋に入れてもらうことができた。

予約した部屋は下の写真にあるファミリールームとデラックスルーム。ファミリールームにはキッチンとダイニングが付いているので、家族揃って食事したりおしゃべりしたりするのに都合が良い。2室合わせても一泊料金は6500円程度と大変リーズナブルなのも嬉しい。

ファミリールームは簡易的な仕切りがあり、一応2部屋に別れている。メインルームにWベッド、サブルームにはベッド1台とソファベッドが1台あり、4人グループでも一室料金(4200円程度)で泊まれるため、宿泊料金が高くなったここサヌールでは大変貴重な存在だ。設備も必要なものは一応揃っているので、次回もバリに来た初日や最終日にはぜひここに泊まりたいと思った。

宿泊翌日、管理人のプトゥさんから聞いた話では、オーナーは日本人とのこと。プトゥさんも旦那さんも2人とも長く有名ホテルに勤務していたそうなので、きっと働きぶりを評価されてここの管理を任されているのだろう。

ここの予約の大半はbooking.com経由で、残りほんの数%がエクスペディア経由とも聞いた。もちろん私もbooking.com経由のひとりだが、決め手は料金とユーザーレビューの高評価だった。ご夫婦とも接客のプロらしくサービスのツボを心得ているところが高評価に繋がっていると感じた。

この日のランチはダナウタンブリンガン通り沿いのレストランを物色して歩いたが、どこも料金が高くてビックリ。今まで滞在した他の地域に比べて2倍近い料金設定だ。サヌールの中心に位置しているからだと思うが、お腹も空いたことだしと、El Comedor Restaurantという店に入る。ここは今日だけのサービスメニューがあり、ナシゴレン、ミーゴレンは2.5万Rp(200円位)と書いてあったのをすかさずチェックした夫とポールはこちら。娘と私はその3倍くらいする料理をオーダー(笑)。写真で見てもその料金差は歴然!飲み物も今までの2倍ほど。

サヌールビーチを散策

サヌールにはバリへ来るたびに立ち寄るので、ビーチの散策は定番になっているが、埋め立て工事が終わってからのビーチ沿いの景観は見違えるほどだ。ホテルは次々にリニューアルされ、おしゃれなレストランが増え、昔の鄙びた雰囲気は一変している。旅行者も以前は高齢者の長期滞在者が多かったが、近年は若い世代が増え、それに連れて物価も急上昇。他のリゾート地とあまり違いがなくなってしまった気がする。ちょっぴり寂しい気もするが、これも時代の流れというものだろう。

ビーチ沿いからぐるっと回って大通り沿いのマンゴーストリートというレストランで夕食。このレストランにいた猫がものすごく人懐っこくて可愛い。家族のひとりひとりに「遊んで、遊んで」とおねだりするので、ついついかまってしまう。そういえば、バリでは猫がとても大事にされている、とヨカさんも言っていたっけ。犬の場合はペット犬と野犬では顔つきも毛並みも全く違うが、猫はほとんど見分けがつかないのもそれで納得がいく。

バリ最後の夜は大晦日

この日は大晦日とあって深夜まで賑やかな一日だった。昼間は花火売りがあちこちで吹き鳴らすラッパの音がひっきりなしに響き渡るし、夜はビーチに集まった人たちの花火が次々に炸裂しているし、日付が変わる頃にはその花火の数が頂点に達するようで、とても寝てはいられない。

喧騒の中に出かけていく気がしない私たち夫婦は居残り、娘夫婦は花火を見にビーチへ。私はLINEで送ってもらったビデオで花火鑑賞。夫はあの凄まじい音にも負けず、すでにzzz…

サヌールで迎えた新年の帰国

さて一夜明けて、サヌールで新年を迎えた私たちはこの日の深夜に帰国することになる。アグン山の噴火で空港閉鎖となったらサヌールで延泊するのも良いかと思っていたが、予定通り出国できそうで何だか残念な気がしないでもない。あと数日くらいは帰れなくても困らないのがフリーランス一家の強みなのだが。

サヌールでの最後のランチはすぐ近くのテラコッタレストランへ。

空港までのトランスポートはプラサンティで20万Rp(1600円位)で手配してもらった。メータータクシー(ブルーバード)ならもっと安いが、雨になったら車を停めるのも大仕事になってしまうので、ここは保険代わりということで。

時間通りにやって来た車で19時半にはチェックアウトして空港へ。1時間もかからず到着。エアアジアのチェックインカウンターには長蛇の列ができていたが、私たちはPremium Flexなのでカウンターは別扱い。ほとんど待つことなく手続き完了してゲートへ進むことができた。

機内では通常は有料となっているブランケットのサービス特典がなかったり、座席のことでちょっとした手違いがあったりと小さな問題はあったものの、成田に到着した際はExpressのシールが貼られた荷物は真っ先に出てくるし、やっぱりPremium Flexにして良かったと思う。

今回はエアアジアXを初めて利用してみたが、全体的な印象としては、やっぱり安いのにはわけがあるという当たり前のことを実感させられた。それでも直行便がガルーダとエアアジアXしかない現状では、また利用する可能性が高い気がしている。

 

(最初のページ)エアアジアXの直行便でバリへ戻る