スーパー用買い物リュックに一工夫

以前はスーパーの買い物には自転車で行っていたが、最近は書道帰りに寄る時以外はほぼ歩きで行くようにしている。しかも現役時代は忙しさを口実に週に1~2回だった買い物頻度が、ここ数年はなるべく毎日、少なくとも週に5回とかなり頻繁。おかげで常に新鮮な食料を調達できるし運動不足も解消できてまさに一石二鳥。

そうなると問題になるのは荷物の重さだ。調味料や野菜、果物など重いものを買った時には持って帰るのがちょっとつらい。欲しいものによっては歩いて5分程度のスーパーに行くときもあるが、ほとんどのものは値段と品揃えに優れた徒歩15分程度の店まで行くようにしているから、この距離を重いものを持って歩くのは意外と大変なのだ。

そんなことから愛用のポータープランとは別に(何せブランド品なので勿体なくて…笑)買い物用のリュックを背負って出かけるようになった。リュック自体が軽いこともあって背負っていれば結構重いものを入れても負担にはならないし、この中に収まらない軽めのものや嵩張るものはエコバッグやレジ袋に入れて持てば良い。

リュックの中に入れるものは野菜や果物がメインなので、汚れても良いように中に100均で買ったプラスチックケースにレジ袋をかぶせたものを入れてある。これはたまたまサイズがぴったり(しかも出し入れしやすい形状)だったのでリュック内にカメラ収納場所をプチ工作した時のような加工は不要だ。このケースのお陰で空っぽ状態のリュックを背負った時にもペタンコにならない上、出し入れしやすい直立可能なのも助かる。上の写真でもわかるように10月初めから毎日のように使って半年経った現在でもリュック自体は型崩れしていないし、レジ袋が汚れたら交換するだけでお手入れ不要と、まさに言うことなしのスマートグッズだ。

このリュックはAnelloのGrandeというブランドで近所の量販店で4000円程度で購入したものだけれど、何年か前にはインバウンド客の爆買い品の一つとしても有名だったらしい。ということはコロナ禍でインバウンドが期待できず売れ残った商品のバーゲンセールってこと?因みにこの口金の形状からガマ口リュックと呼ばれていることもついさっき知ったばかり。世間的には「何を今さら?」状態かもしれないけれど、今の私のニーズにはまさにピッタリな商品だった。

リュックのサイズは高さ33cm、横幅約23cm、奥行約14cm、重さ423gとA4のファイルケースもギリギリ入る大きさでとても軽い!この他各種ツートンカラーあり。

スーパー用買い物リュックに一工夫” に対して2件のコメントがあります。

  1. yoshi より:

    このリュックは買い物に良さそうですね。わたしも日々リュックを背負って出かけています。中で色んな物がごちゃ混ぜになり、探し物が大変。なかなか整理出来ずで…momoさんの整理術参考になります(^-^)

    1. momo より:

      リュック派のyoshiさんも荷物の整理に苦心しているようですね。私の場合は細かく分類すると逆に何がどこに収まっているのか忘れてしまったりするので、なるべく大雑把に分類するようにしています。なのでリュックの場合は中を覗きやすい形状に仕立てるのがポイントかな?

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA