若菜さん、スペイン武者修行の旅に出る!(壮行会)

フルートの若菜さんがスペイン武者修行の旅に出るので、少し早いけれど壮行会をすることになった。集まったのは若菜さん本人とペンスケッチの関本さんと私の3人。本当は出前コンサートの壺井さんも参加する予定だったけれど、なんと当日になって体調不良(多分インフル?)で泣く泣く欠席。うーん、残念。気をとり直して向かったのは西新宿のスペインバル(BAR de ESPANA TORO)。

若菜さんはスペインのアンダルシア地方に6週間ほど滞在し、現地のミュージシャンと共演したり交流を図ったりするほか、スペイン語の勉強もする予定とのこと。更に足を伸ばしてモロッコにも渡るつもりだそうで、今後の演奏家としての飛躍に期待が高まる。

今日のメンバー

 

大いなる野望

まずは乾杯さて、若菜さんの壮行会ではあるけれど、今夜のメンバーを招集したのにはもう一つの理由がある。画家としての実績を重ねてきた関本さんと共に、いずれは個展とコンサートのコラボを実現できたら良いなあと夢想しているからだ。企画はその道のプロ-壺井さんにお任せするとして、もし実現できるようなら私もぜひ応援したい。

 

実は関本さんの話題でも書きたいことがあるのだけれど、これは3月半ばまでお預けということで、ちょっとお待ちを。

そんなことを頭の片隅におきながらもスペインに関する話題は尽きない。すでにスペインのコンクール(高橋力さんのギターとデュオ)で2位受賞という快挙を成し遂げてきた若菜さん、ペンスケッチでミハスなどを訪れ多数の素晴らしい作品を描いてきた関本さん、単に家族旅行で訪れただけの私と、いずれもアンダルシア地方がお気に入りという共通点があるからだ。

そんなこともあって、今夜のお店選びはスペインのバルをイメージしたバル デ エスパーニャ TOROにしたというわけ。因みにTOROというのは雄牛のことらしい。もちろん闘牛に使われるあの戦闘的な牛のことね(雌牛はvacaというのはちょっとどうなの?)。後ろの壁にも闘牛の絵が掛けられているのでご注目を。ここはこじんまりしていてカジュアルで落ち着くお店だった。スペインのバルそのままの雰囲気。

今夜のメニュー

さて、肝心のお料理は…まだまだいろいろ食べたいけれど、何せ寄る年波でそんなにたくさんは食べられない。次の機会にはまた別のメニューを紹介したいと思っている。

コメント

  1. 壷井浩子 より:

    momoさん、ドタキャンでご迷惑をおかけしました。申し訳ありません!
    鬼の霍乱、今頃来ました(涙)楽しみにしていたのに誠に残念。
    スペインバル、壁の絵が雰囲気がありますね。
    皆さん赤がよくお似合いです。
    シェリー酒やオリーブ、生ハムにガーリックマッシュルーム…
    関本さんのスペインやイタリアのスケッチ画、素敵でしたね。若菜さんの音楽とのコラボ、ぜひ実現しましょう!アンダルシアの光と風を想像してワクワク。
    若菜さん、お土産話を楽しみに首を長くしてお待ちしています。
    よい旅を!

    • momomomo より:

      壺井さん、やっぱりインフルでしたか?スペインバル、カジュアルな雰囲気で良かったですよー。若菜さんが帰国したらまた集まりましょうね。

  2. 白鳥 より:

    若菜さん、ご無沙汰しています!白鳥です。スペインでの滞在が充実したものになること祈っています!関本さん、また絵を見るのを楽しみにしています。momoさん、関本さんと若菜さんのコラボ素敵ですね~♪