クリームのサンシャイン・ラブ(Sunshine of Your Love)

ローリング・ストーンズの次に私にとってインパクトのあったバンドと言えば、エリック・クラプトンのいたクリームで、特に好きだったのは「サンシャイン・ラブ」(Sunshine of Your Love)という曲。

クラプトンはすでにヤードバーズやジョン・メイオール&ブルースブレイカーズなどで活動していたそうだけれど、私がクラプトンに注目したのはこの曲が最初だった。

カラフル・クリーム(1967年11月発売のクリーム2枚目のアルバム)

1. 「ストレンジ・ブルー (Strange Brew)」
2. 「サンシャイン・ラヴ (Sunshine of Your Love)
3. 「苦しみの世界 (World of Pain)」
4. 「夜通し踊ろう (Dance the Night Away)」
5. 「ブルー・コンディション (Blue Condition)」

B面
1. 「英雄ユリシーズ (Tales of Brave Ulysses)」
2. 「スーラバー (SWLABR)」
3. 「間違いそうだ (We’re Going Wrong)」
4. 「アウトサイド・ウーマン・ブルース (Outside Woman Blues)」
5. 「テイク・イット・バック (Take It Back)」
6. 「マザーズ・ラメント (Mother’s Lament)」

 

Sunshine of Your Love にまつわる思い出ふたつ

何せ、私が30過ぎてロックバンドで歌っていた頃、レパートリーのひとつに加えていたくらいずーっと好きな曲だった。

それにもう一つ。男ばかりの一団に加わって、タイの山奥を3日間ほどトレッキングした際の懐かしい思い出も重なる。アジアの細道で書いた「タイ北部山岳民族の村を訪ねて」のワンシーンだ。(当時の私は40代半ば)

 

 

こちらは37年振りとなったCream 復活コンサートの様子(Royal Albert Hall 2005)。

 

コメント