タグ: 書道

仮名文字の短冊がようやく完成

小さな落款を彫ってから仕上げようと思っていた仮名文字の短冊がようやく完成した。落款自体はだいぶ前に彫ってあったのだが、作品は教室預けになっていた上、8月は教室をお休みしたのでそのままになっていた。9月になってようやく仕上げることができたのでこちらに載せておくことに…

READ MORE 仮名文字の短冊がようやく完成

学生教本を学ぶ3か月(9月~11月)

私が通っている書道教室には子供たちに教えるための「学生教本」という特別コースがある。3か月の期間内に、毎週決められた枚数の作品を仕上げて提出しなければならないことや、そもそも書道教室を開業するつもりのない私には無縁のコースと考えていたのだが…

READ MORE 学生教本を学ぶ3か月(9月~11月)

5月に提出した3作品の検定結果

チェンマイ旅行他の事情で1か月ほど休んでしまった書道教室。昨日は久々に出席したので、5月に提出していた検定作品の結果をようやく知ることができた。その結果とは?…なんと私としては珍しい(ひょっとして初?)3作品共に昇段という嬉しい知らせ…

READ MORE 5月に提出した3作品の検定結果

最新の木刻作品は「孤掌難鳴」と「風光る」の2点

「書道検定3作品と制作途中の木刻作品」の記事でも触れた木刻作品がようやく完成した。
残すべきところを見間違えて彫ってしまったり、手が滑ってあっという間に表面を削ってしまったり…まあいろいろあったけれど、雅堂先生に助けてもらったおかげでなんとか体裁を整えることができた…

READ MORE 最新の木刻作品は「孤掌難鳴」と「風光る」の2点

書道検定3作品と制作途中の木刻作品

GWは毎日のように友人たちとランチやお散歩を楽しんだり、娘と久々のお買い物に出かけたり、久々にキャリア相談の仕事をしたりしているうちに、あっという間に終わってしまった。この間にするはずだった書道検定用の清書や木刻の彫作業はすっかり棚上げになっていたので、休み明けから大慌てで取り掛かかることになった…

READ MORE 書道検定3作品と制作途中の木刻作品

1月の検定作品

前回提出した検定作品は昇段なしということで、残念ながら私の予想はドンピシャ。まあ、自分でも正直言って手応えなかったことだし、しょうがないかな。で、今回も足踏みしそうな気配ではあるけれど、めげずに(笑)、締め切りギリギリでなんとか書き上げた作品を提出…

READ MORE 1月の検定作品

今までとはちょっと字形が異なる隷書に挑戦

このところ事務所を閉鎖するための作業やら自宅のリフォーム準備やらで大忙しの真っ最中。その件はまた改めて書くつもりだけれど、今回は隷書の最新作の紹介。まだまだ未熟物者ゆえ正直言ってあまり公開したくはないのだけれど、後々このブログで自分の成長を振り返れるといいなあと思って。それと書道仲間を増やしたい!という本音もチラリね…笑。

READ MORE 今までとはちょっと字形が異なる隷書に挑戦

隷書の大作に初挑戦

隷書はどうも苦手らしい。少しずつ書いてはきたもののなかなか成果を実感するには至らず、この辺りで一旦小休止しようかなと思っていた。「ではこの作品を仕上げたらそろそろ篆書をやってみましょう」と先生からの提案もあり、ちょっと区切りをつけるつもりで大作に挑戦…

READ MORE 隷書の大作に初挑戦

10月の書道検定に提出した3作品(楷書、行書、草書)

先週金曜日に楷書、行書、草書の3作品を検定用に提出したので、その作品の紹介。前回は1年ぶりに書いた楷書の検定結果が7段残留となり、今度こそはと挑んだものの…うーん、楷書って本当に難しい。今回も昇段は難しそう…

READ MORE 10月の書道検定に提出した3作品(楷書、行書、草書)