最新の木刻作品は「孤掌難鳴」と「風光る」の2点

書道検定3作品と制作途中の木刻作品」の記事にも書いた木刻作品がようやく完成した。

孤掌難鳴

残すべきところを見間違えて彫ってしまったり、彫刻刀の先が滑ってあっという間に表面を削ってしまったり…まあいろいろあったけれど、雅堂先生に助けてもらい何とか体裁を整えることができた。やっぱり作品として仕上がるとうれしいものだ。

掲示した木刻作品(孤掌難鳴)せっかくの作品なので、私のデスクからもよく見える位置に掲示することにした。(「孤掌難鳴」の意味は上記リンク先ページ参照)

 

木刻作品-20190602

風光る

もうひとつの作品はだいぶ前に完成していたものだが、きちんと額に収まって某展覧会で展示されたもの。残念ながら事情があって実際の展示は見ていないのだけれど。

木刻作品-2019年春

掲示した木刻作品こちらの方は玄関の壁に飾ってみた。上の写真では光の具合で影ができてしまったけれど、ドアを開けた時に外からの風が通り抜け、まさに「風光る」感じでとても気に入っている。

篆刻を教えてくれる先生はなかなか見つけられないと思いますので、習ってみたいという方はご遠慮なく下記のコメント欄からお問い合わせください。

教室の場所は丸ノ内線沿線、新宿や中野から至近距離にあります。和気藹々と手作業するのは楽しいですよー!

コメント

  1. Kyoko より:

    作品を飾るのにぴったりの場所が見つかりましたね!
    いつも目につくところに、作品があるっていいですよね〜。
    玄関開けると「風光る」。
    素敵です〜!

    • momo より:

      Kyokoさんの日日是好日も例の場所に飾ったんですよね?やっぱり作品として完成したものがそこにあるっていいですよねー。
      もし良かったらここに写真を貼ってもらえるとみなさんにお見せできるんですが、いかがでしょう?あらら、ゲストのコメント欄には写真をアップできないのかな?写真を送ってもらえれば私がKyokoさんのコメント欄にアップしますので、よろしく!

      孤掌難鳴の方はちょっと雑に取り付けてしまったので(笑)、またちょっと手を加えないと…。

  2. はつみ より:

    大作の完成おめでとうございます。
    書いたり彫ったり楽しく、また作業行程で愛着がわきますね!
    次回実物拝見が楽しみです。