KIKAさんとビデオ通話(LINE&Zoom)

先日のwebサロンに仕事の都合で参加できなかったKIKAさんからメールがあり、その後ビデオ通話を使って久々のおしゃべりを楽しんだ。しかも何と2時間近くも !

つい最近も話したような気がしていたが、よくよく考えてみたら彼女が私の自宅を訪れてくれてからすでに2年半くらい経っていた(その時の記事はこちら)。 歳と共に時間の経過がスピードアップしているように感じる今日この頃……(笑) 。

メールよりはビデオ通話

iPad越しとはいえ、KIKAさんの素敵な笑顔を見ながらだと話も一層盛り上がる。「フェイクニュースに惑わされず、できるだけ正確な情報を徹底的にリサーチする」という私の基本的スタンスを彼女も支持・共感してくれているので、このブログではあまり触れないような現在の政治・経済についての意見を聞きたかったという。身近な人や職場の人とはこういった話はなかなかし難いらしい。

話の内容はここでは触れないが(笑)、在宅勤務の実態については一部紹介しておきたい。

小学生のこどもがいる正社員の在宅勤務は?

彼女は今在宅勤務中で出勤するのは他の社員と交代で週一回程度とのこと。当初は午前中にこどもの勉強を見ていたそうだが、やっぱり仕事と同時並行は難しいため今は午後のみ勤務に変更してもらったそうだ。うーん思ったとおり、子供が小さいうちは仕事とプライベートの切り替えが難しい在宅勤務はなかなか大変そうだ。

しかも海外と違って日本のリモート学習は著しく遅れていると聞くし、働く親たちの負担は相当大きいものになっているに違いない。彼女の息子の小学校では宿題を出されただけで他には何もないというし……これを機に、日本の遅れたIT環境を何とかしないと、世界から置いてきぼりされそうで本当に心配になる。私見では「ITリテラシー」と「自分の頭で考える習慣」とは相互に密接な関係にあると考えているので、それを育む上でも早くから環境整備をしてほしいと思う。

私が想像していたリモート学習は下記のような感じのものだったが、どうもそれとは程遠いというのが小学校の実態らしい。一番の問題は先生たちのITリテラシーの低さなのかもしれない。自分たちでできることが少なければ少ないほど業者任せににならざるを得ず、これは当然コストアップにつながり、予算確保も難しくなるのだから。

臨時休校でも「国際学校」がビクともしない理由 | コロナショックの大波紋
新型コロナウイルスの感染拡大を防ぐため、政府が打ち出した小中高校や特別支援学校などの臨時休校が3月2日から始まった。あまりに唐突な決定で、日本の教育現場は大混乱。ほとんどの学校が、まったく準備期間を与…

ところで、今回は二人だけのおしゃべりだしとLINEのビデオ通話を使ったが、音声が途切れたりしてあまり具合が良くなかったので、途中からZoomに変えてみたところこちらの方が快適だった。

通話が終わってから調べたところ、我が家のルータの性能がだいぶ古くてそのままではスピードアップできないことがわかりました。それで近日中に新しいものと取り換えることにしました。商品が届いたらまた様子を書こうと思います。

 

コメント

  1. KIKA より:

    室内履きのオススメ出てるかな?とブログを覗いたら、自分のことが出ていてびっくりしました!

    2時間のお話タイムはあっという間でしたが、内容は盛り沢山で、後から「なるほどなぁ」と反芻してます。

    前例のない状況下こそ、「ひとりひとりが自分で考える習慣」が求められると同時に、信頼する人と気持ちを共有したり、意見交換したりする場の必要性も感じています。

    明日のサロンは仕事の調整ができたら参加させてもらいます!

    • momo より:

      KIKAさん、コメントありがとう!今9月始業についてあちこちで議論が始まっていますね。私も以前からこれに賛成だったのでこの機会にぜひ実現してほしいと思っています。
      ところで室内履きの件はこの後に記事を公開する予定なので、ぜひ見てくださいね。